私がブログを書く3つの理由

コラムイラスト コラム

ブログを書く理由を話させてください!

 こんにちは、現役MSWのヒナタザウルスです。

 コラムとして、自分の考えをまとめたものです。

 今回はブログを書く理由として、思っていることです。

1、MSWが先輩の事例を見る機会に乏しいと思ったこと。

 私はMSW(Medical Social Worker:医療ソーシャルワーカー)にとって、事例を検討することが大切だと考えるので、いろいろなケースでの体験を文章として出すことで、今後MSWになる事を考える方などに、伝えられたらと思っています。

 事例をブログにする上で、当然ですが登場人物の個人情報は、多く変えさせていただいています。あくまで、MSWとしての介入の部分をお伝えしたいので、個人を特定できる内容は一切記載せず、だれが読んでも、どなたか分からないようになるよう、気を付けています。

 事例のブログをお読みいただく際は、そのことのご理解をいただけますと幸いです。

2、MSWが無名すぎること。

 先日、仕事中に看護師さんから、「今後の病院では、どんどんMSWが必要な時代になるのかね」と声をかけていただきました。確かに、高齢化が進んでいることは、中学生でも知っていることで、入院した患者様が福祉的な支援が必要となるケースは増える一方ではあると思います。

 ただ、MSWという仕事は、まだまだ知名度がかなり低く、何をしているのかわからない方が多いです。

 1人でも多くの方に、MSWという仕事が何をしているのか知っていただき、特に福祉系の勉強をしているみなさんの職業選択の1つに考えていただけたらいいなと思います。

 もっと正直に言うと、私自身は職業に関するこだわりは低いほうで、「MSWを増やさなければ」と強く思っているわけではないです。

 ただ、現時点で担い手が不足しているので、自分自身の社会貢献としても、だれかの少しのきっかけになれたらよいなと思っています。

3、福祉や医療の現場はとても身近であるということ。

 MSWとして病院で働いていると、高齢者な方で、入院して日常生活の動作が落ちた患者様は多くいます。そういった患者様のご家族に、介護保険制度の話などをすると、「介護保険なんてはじめてだから」とか、「動けないと思ってないから」とおっしゃる方がいます。
 患者様によっては、80代、90代でも同じような事をおっしゃる家族さんはいらっしゃいます。

 ただ、人間誰しも年を重ねますし、ある日救急車を呼ぶことになるかもしれないし、家族の誰かが入院した電話が鳴るかもしれないです。

 このブログで、いろんな方の事例を見ていただき、福祉や医療の現場を身近なものに感じてほしいです。

4、福祉に関係する本がおもったより少ないということ。

 

おわりに

 以上が、私がブログを書く理由です。事例を経験シェアすることが、ブログをする大きな理由の1つなので、個人情報に注意しながら書いていきます。そのために、「ヒナタザウルス」の正体も、極力わからないようにしています。

 ただ、もし読んでいただくみなさんの中で「ヒナタザウルス」がだれかわかってしまった方がいましたら、そっと教えていただくか、胸にしまっていただければと思います。

以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました