【コラム】老人ホームを選ぶうえで。

コラムイラスト コラム

老人ホームを選ぶときに、なにが大切でしょうか。

 こんにちは、現役MSWのヒナタザウルスです。このブログでは、MSWとして関わった事例や思う事、MSWに関わる本や、あんまり関わらない本も含めて紹介させていただいています。

 今回はコラムとして、老人ホームを選ぶときに注意すべきことをお話したいと思います。MSW(Medical Social Worker:医療ソーシャルワーカー)として勤めていると、退院先として施設を紹介することが多々あります。その結果として、優しいご家族にその施設の感想を伺えたり、逆に家族さんによっては、「紹介されたからいったけど、不満がある」とお話を伺うことがあります。

 私なりに、施設を選ぶうえで大切だと思うことを書きます。

不満として多いこと。   

 不満として、私が伺ったことはほとんど「接遇」についてです。「電話での問い合わせに対応してくれない」であるとか、「ウチの親を雑に扱った」であるとか、「職員さんの態度がor雰囲気が悪い」とかといった内容がほとんどでした。

 基本的には施設そのものへの不満は伺うことがありませんでした(古いとか、汚いとか、狭いとか)。これは、私がたまたまなのかもしれないですが、やはり預けている家族からすると、「人」のほうが、よほど評価の対象になるのかなと思います。

 もちろん、「新しくて綺麗で、いい施設を紹介してくれたわ!」とコメントをいただくことはありましたが、「不満」として伺うものは、ソフト面、「人」に関するところが圧倒的に多かったように思います。

「人」は相性が一番大切。

 当たり前ですが、「人」は相性がとても重要な要素となります。皆さんも、なんとなく相手の態度が悪いと「感じる」ことがあるはずです。ただ、その相手はなにも思っていないことも多々あります。施設の職員とご家族に関しても、どう関わっても「人」と「人」になります。合う、合わないがどうしてもあります。

 そして、それは人によっても違ってきます。なので、職員さんに対する不満が私に届いたとしても、そこは一概に「悪い施設」とはならないのです。施設を探す方々一人一人の感覚に合うのか、合わないのか。そこが大切になります。

それでは、選ぶときに何を大切にしたらよいのか。

 私が相談を受けるときに、「何を大切にして施設を選べばよいか」と聞かれたら、いつも「雰囲気です。みなさんの感覚でよいなと思ったところにしてください」と答えています。

 私なりにこの答えに根拠はあります。まず、一つ目はその施設の「雰囲気」に職員さんのキャラクター含めて、施設の考え方や姿勢が出ると思うからです。

 また、「新しくて格好いい」雰囲気のところは、職員さんもそういったところで働きたい方が多いかと思いますし、「こじんまりしてアットホーム」なところも、そういったところでの勤務を希望する方が多いように思います。施設は、雰囲気があって、その雰囲気を作るものも職員さんだと思うのです。

 実際に見学に行かれた時に、自分の感覚で「雰囲気が悪い」と感じたとしたら、大切な感覚なのではないかなと思います。

おわりに

 今回は、私が実際によく質問される「どの施設がうちのおじいちゃん/おばあちゃんによい施設かな?」という質問に、答えているかを考えながらブログを書きました。参考になれば幸いです。

〈※ 施設選びで大切なことを学んだ事例 → 【MSWの事例紹介】退院でもとの施設へ戻りたくない。

以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました