MSWとして苦労した事、失敗した事。

コラムイラスト コラム

MSWとして苦労をした事などについて、書かせていただきます。

 こんにちは、現役MSWのヒナタザウルスです。 

 今回はコラムとして、MSWとして苦労した事、失敗してしまったことを紹介していきたいと思います。お恥ずかしいことでしかないのですが、敢えて経験としてシェアすることで、今後MSW(Medical Social Worker:医療ソーシャルワーカー)として働く皆さんの反面教師になれればと思います。

苦労した事

知識が足らな過ぎた。

 これは多くのMSWが思った事なのではないかと思うのですが、社会福祉士の勉強や社会福祉学部で習う知識が、病院で役立つ知識とは重なりません。特に「福祉」の勉強をして、医療の城である「病院」で働くのですから、知識は足らない事だらけでした。

 働き始めて「鼻からNGで~」という言葉を「鼻から入れることがダメ」という意味だと思っていました。本当は「Nasogastric tube」の事で、経鼻胃管のこと言います。鼻から入れる管です。院内での会話が成り立たないくらいの無知でした。そんなレベルで知識がなかったのです。

 私は、社会福祉士の実習も医療分野ではありませんでしたし、人生で入院したこともありませんでした。

 今思えば、私のMSWとしてのキャリアの中で一番大変だったのは「当初」であったことは間違いありません。私なりに苦労したなと思っています。

 医療的な知識や、入院そのものに関する知識のなさは、「インプット」しかなかったので、本を読んだりして勉強したり、多職種の方々の方々に指導を仰ぎました。、今でも当時の私の「看護学校3日目くらいで学びそうな質問」を丁寧に答えてくれた医師、看護師には強く感謝しています。

 その意味では、MSWになったばかりで「私は知識が足らないのかもしれない」と思った方は、インプットをしたらよいだけとも言えます。医療的に詳しい方がたくさんいるのが病院ですから、完璧な知識を付けるような勉強を求めているわけではありません。院内での会話にある程度ついていけることを目指してください。

仕事として初めから1人前ではなければいけなかった。 

 MSWとして苦労した事として1番に思うことは、思っていた以上に「個人技」であるという事です。 

 すごく職員に恵まれた環境でなければ、就職してそこまで日数が経っていなくても、患者さんやその家族と「1人」で話さなければいけなくなることがあるかと思います。少なくとも私はそうでした。

 クレーマーさんのような家族でも、急な入院に感情が抑えられない患者様でも、1人で話さざるを得ないことがあるのです。

 面談に慣れや知識がない状態でも、患者さんや家族さんにとっては「切羽詰まった状況で相談に乗ってくれる人間」であるのです。「新人なんでわからない」などと頼りにならない事を言っていいわけがないのです。多少「ハッタリ」でも、頼りになる存在でなければ、相談をしていただくことが難しくなることがあります。(もちろん、時と場合によりますが。)

 その意味では、患者さんや家族さんにとって、頼れるかどうかなど含め完全に「個」としてのMSWが評価されます。支援の内容や方法はともかく、面談などを実際に行う間は、場合によっては完全に「個」として、問題に直面する事。 私はそのプレッシャーが苦労したところではありました。

 ある程度は慣れだと思いますが、個人技であるからこそ、自分がどこまで準備して対応できるか。そこが大切になるように思います。

怒らせてしまった事

 私が、単純なミスにより怒らせてしまった事を2つほど共有します。

「はぁ」と答えて怒らせてしまった。

 この事例は、電話の中で怒らせてしまった事例です。「なぜ、自分が母の介護や退院の協力ができないのかを説明したい!私はこんなに忙しい!」ということについて、30分以上に渡りお話しをされる方で、私も「そういわれても」としか言えないところが多く、お話を伺う相槌がだんだんと雑になってしまいました。なんと答えればいいかも分からないことであった事も踏まえて、「はぁ」と答えて、「はぁじゃないんだよ!」と怒られてしまいました。

 たしかに相槌で、「はぁ」はよくないのだなと思います。

 話を聞いていくうちにどうしても相槌が雑になるので、気を付けていきたいなと思いました。

 思い出しても恥ずかしいことです。

「連絡しないで」と言われたことを、全部署へ周知が足りなかった。

 次は、家族の関係で「絶対に連絡しないで」と言われた家族さんについてです。私は、そのように頼まれたことを、必要だと思うスタッフには一通り周知し、パソコン上の連絡先を削除しました。ところが、何も知らない会計の方が、入院時からの書類を調べて、電話をしてしまった事例です。

 その後に、私宛に連絡があり、「連絡しないでほしいと頼んだのに、連絡してくるなんて」と、怒らせてしまいました。返す言葉もありませんでした。

 この事例で、私は組織の内部への周知の大切さと大変さを学びました。

おわりに

 今回は、MSWとして今日も戦っている同志の皆さん。今後目指そうかなと少しでも思っている方などに、自分の失敗や苦労話を共有させていただきました。

 誰かに少しでも参考になれたら、幸いです。

関係するブログ(コラム)

 第46回 MSWと転職について

 第30回 MSW(社会福祉士)と病院

 第7回 私がブログを書く3つの理由

以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました