【コラム】入院した患者さんの家族に対して思う事。

コラムイラスト コラム

入院した患者さんではなく、そのご家族に思う事が多いです。

 こんにちは、現役MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスです。

 このブログでは、MSWとして関わった事例や思う事、MSWに関わる本や、あんまり関わらない本も含めて紹介させていただいています。

 今回は、もしかしたら以前に同様の事を書いているかもしれませんが、患者さんのご家族に対して私が思う事を書きます。

 今回のコラムは個人的な考え方でもあるので、共感できない方はそっと閉じていただければ幸いです。

相談員として多くのケースで、実際に関わるのか家族となる。

 医療相談員(MSW)をしていると、多くの場合で実際に主で相談に乗るのがご家族です。

(ご家族がいらっしゃらないケースほど、大変なので印象に残りますが、そこは今回は割愛です。)

 ご自身の「妻が」「夫が」「母が」「父が」入院したことにより、急に不安やさまざまな心配を抱えることになる方たちです。

 その方々の心配に可能な範囲で寄り添い、その上で退院まで道案内をしていくことが、MSW(医療相談員)のとても大切な仕事になります。

本当に様々な家族がいる。

 先ほどのように書くと、「本人・家族とスクラムを組んで頑張れる相談員は、とても良い仕事!」となるのですが、実際にはそのようなケースばかりではありません。

 むしろ、ご家族の意思と本人の意思(及び体調)の歩調が合わないパターンがほとんどのように思います。

 私の中で悩ましくなる代表的な2つのパターンがあるので、ご紹介させていただきます。

 ・家族の期待が強すぎて、本人の状態と違いすぎるパターン。

 これは、非常によくあるのですが、「このあいだまで普通のご飯食べてたのだから、普通のご飯を食べれるようになったら」とか「このあいだまで元気に歩けてたから・・・」とか、「このあいだまでは、日中一人で平気だったから・・・」とかというパターンです。

 当たり前ですが、時間は不可逆的に進んでますし、人は年を取り、弱っていきます。このあいだまでできたことが「できなくなった」りするからこそ、入院するほどのアクシデントが起きているわけです。

 もちろん、可能な限り元の状態に戻して差し上げることを病院のスタッフは目指していますが、時間や若さを取り戻すことはできません。

 むしろ、ご本人の「今の」体調でできる最善を考えていく必要があります。

 ご本人のほうが、ご家族様より自分の状態、状況を理解されている場合も少なくありません。

 MSWとして悩ましいパターンではありますが、ご紹介させていただきました。

 ・本人の希望を叶えることを、家族が希望していないパターン。

 2つ目のパターンは、1つ目とは違い、本人の状態が回復し、元の状態に近くなっても、ご家族が元の環境にお戻しする事を望まないパターンです。

 典型的な例で言えば、自宅で暮らしていて、入院前同様に動けるのに、ご家族が施設入所を勧める例です。

 もちろん「本人が」不安で、施設を希望するのであれば、なんの問題もありません。(実際に、日中独居が不安とか、家で転びそうで、転んだら一人だからとかで、希望される方はいます。)

 それではなく、家族の希望でとなると、非常に動きにくいです。

 具体的に過去の事例でお話します。

 ご本人(女性)が息子夫婦と3人暮らし。息子は仕事で忙しい。ご本人が入院、それを機に息子の妻(つまり嫁)が、「義母は自宅では厳しいと思う」を猛アピール。

 嫁と姑の問題がここへきて、嫁のストライキが起きたとでもいいましょうか。

 ご本人は、内服の管理などの問題で、誰かの支援は受けたほうがよい状態ですが、頭ははっきりしています。

 先生がご家族に病状を説明し、家に帰そうとすると、嫁が猛反対。

 では、施設等はと紹介すると、当然本人が反対。

 結果的には、MSWとして家族を説得し、自宅での生活を調整しましたが、かなり支援しにくいことは言うまでもありません。

 余談ですが、ご自宅の一軒家は「ご本人」の名義だったりもしまして、世知辛いと言いますか、悩ましい事例でした。

MSW(医療相談員)として、どうするべきなのだろうか。

 MSW(医療相談員)としては、患者さんの家族とどうかかわるべきか、本当に悩ましい場面があります。

 患者さんの一番の味方であり、希望を叶える障壁となりうる方々。

 関わり方に明確な正解はないと思うので、MSW(医療相談員)として精進していくしかないですね。

おわりに

 今回のブログで語弊がないように言いたいですが、「身寄りなし」の方の支援はそれはそれで、とても悩ましいです。

 お金や頼れる友人がいる例以外は、退院先にとても悩まされるということも、併せて書かせていただきます。

 友人さんに頼った事例 → 【MSWの事例紹介】入院しても頼れる友人

 身寄りなしの方を支援した事例 → 身寄りなしってなんだろう。【MSWの事例紹介】

 以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました