現役MSWが、波瑠さん主演ドラマ「ナイト・ドクター 第4話」を見て

ドラマの感想

【ドラマの感想】美男美女が活躍する青春群像医療ドラマです。

 こんにちは、現役MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスです。

 このブログでは、MSWとして関わった事例や思う事、MSWに関わる本や、あんまり関わらない本も含めて紹介させていただいています。

 最近では、病院が舞台となるような小説やドラマも好んでご紹介しています。

 今回は「ナイト・ドクター」というドラマの第4話を見させていただき、ブログとさせていただきます。

 「ナイト・ドクター」2021年6月21日から毎週月曜に、フジテレビ系の「月9」枠で放送されている日本のテレビドラマです。

 このドラマはいわゆる「月9」の青春群像ドラマです。私の印象は「医療ドラマ」よりかなり「青春ドラマ」です。

 「医師の働き方改革」という大きなテーマはあるものの、恋愛や人間関係、成長がメインで描かれているように、私は思います。

 ちなみにですが、少なからず医師の方々と働かせていただくと、医師の方々の働き方には驚かされることが多かったです。

 実際に、週5日24時間いらっしゃる先生であるとかも目にし、医師という緊張感のある仕事を、そこまで疲弊した状態で行う事の大変さを見てきたので、そこのテーマが今後、どう描かれていくのか、気になるところです。

 なんにしても、MSW(Medical Social Worker:医療ソーシャルワーカー)としてのブログですが、どちらかと言えば「青春ドラマの感想」とならざる得ないところは、ご容赦願います。

今回は第4話の紹介。人間の恋愛などの葛藤が描かれていました。

 今回は岡崎紗絵さん演じる高岡Drのストーリーが多く描かれたのですが、私がこの方について詳しく知らずにお恥ずかしいところがありますが、岡崎紗絵さんの演技がとてもよく、今後もっと活躍されるのではないかなと思いました。

 作中での「私だって人間」というセリフは、「それは、そう!」と思いました。

 また、安定の波瑠さんの演技。「ムッ」とした感じの演技などはとても上手で、安心して楽しませていただきました。

 第4話の中で、岡崎紗絵さん演じる高岡Drが、恋愛の失敗を経て、成長していく姿には勇気をいただけるところもあり、ドラマを見た後にちょっとした爽快感がありました。

野暮ですが、病院で働いている人間としては、突っ込みどころが多々ありました。

 病院で働く立場として(MSWなので、現場から見たら末端かもしれませんが、)このドラマは、医療ドラマとして突っ込んだら負けなのだと思います。思いますが、突っ込んでしまいます。

 たとえば、目の前に急患の方がいるのに、ベットから抜け出した患者さんを探しに行こうとしたり、あまりにプライベートが現場に持ち込まれたり、人員的な段取りが考えられず医療処置をしていたりなど、思わず突っ込んでしまうところが多々ありました。

 また、全体を通じて、看護師と医師の比率おかしくないかなと思ってしまいました。

 医療ドラマとしてみると、私が知っている病院と比べると違和感はあり、それが少し気になってしまいました。

 すごく正直に言えば「医療現場はこんなんじゃない」と思ってしまいます。

 これは、私が「ドラマ」として純粋に楽しめていなく、悔しいところです。

 一方で、青春群像劇として見ると、役者の方々のキャラクターも光り、かなり見ごたえのあるドラマでした。

今期の医療系ドラマも充実していますね。

 今期の医療ドラマも、日曜日の「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」と月曜日の「ナイト・ドクター」があり、かなりの充実を感じます。

 私のいまの印象では、「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」のほうが、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」や「DOCTORS〜最強の名医〜」の系譜に近い、「医療ドラマ」のイメージで、「ナイト・ドクター」は、家族、恋愛、仕事、夢といった部分も描かれる「王道ドラマ」といったイメージでした。

 ただ、今期の「病院が舞台」のドラマは、双方かなり緊張感の高い現場が描かれていたようにも思います。

 新型コロナウイルスの影響もあり、逼迫した病院現場がニュースなどにされることも影響があるのかもしれませんね。

おわりに

 今回の医療ドラマも「美男美女多すぎ」でした。

 私はking & princeの岸優太さんが個人的に好きなのですが、とても良い役どころだと思っていて、活躍がとてもうれしいです。

 第4話だけでも、女性に振り回されたり、妹に怒られたり、いろんな演技の姿を見せてもらいました。

 また、沢村一樹さんの医師姿の似合う事。本当にすごい似合っていて、なにか見たことあるな~と思っていたら、大人気シリーズ「DOCTORS〜最強の名医〜」では、沢村一樹さんが主演でしたもんね。

 かっこいい医師のイメージがあるわけでした。

 次回は、田中圭さんの出番が多そうですし、今後は、岸優太さん、北村匠海さん、沢村一樹さん、田中圭さん、などの「美男」の活躍が見れそうですね。

以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました