現役MSWが、鈴木亮平さん主演ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第4話」を見て

ドラマの感想

【ドラマの感想】ちょっと凄すぎる救急現場のドラマです。

 こんにちは、現役MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスです。

 このブログでは、MSWとして関わった事例や思う事、MSWに関わる本や、あんまり関わらない本も含めて紹介させていただいています。

 最近では、病院が舞台となるような小説やドラマも好んでご紹介しています。

 今回は「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」というドラマの第4話を見させていただき、ブログとさせていただきます。

 ※第2話はこちらです。

 → 現役MSWが、鈴木亮平さん主演ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第2話」を見て

 ※第3話はこちらです。

 → 現役MSWが、鈴木亮平さん主演ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第3話」を見て 

 2021年7月4日からTBS系「日曜劇場」枠で放送されているテレビドラマです。

 「日曜劇場」というと、「半沢直樹」がいまだに浮かびますよね。

 ちなみにですが、私が日ごろ関わらせていただいている病院が制作に協力されているようです。

 医療ドラマの制作も、本当に多岐に渡る方々が関わってできているのだと実感します。

今回は第4話!今回の回でも、皆さんの演技がすごかったですね。 

  今回もすごかったですね。事故現場からの救出と、臓器移植のタイムリミットの両方が描かれ、相変わらずの緊張感の高いドラマでした。

 今回の回も、役者さんたちの演技がとにかくよかったです。

 今回では特に活躍の機会が多かった「高輪先生」の役をされていた仲里依紗さんの演技が特に良くて、圧倒的だなと思いました。

 かなり難しいシーンも多かったですが、とても素敵に演技をされておられました。

 その凛々しさは、「ドクターX~外科医・大門未知子~」の米倉涼子さんを彷彿とさせてくださいました。とてもかっこよかったです。

 敢えて言いますが、以前に外科医の知り合いの方が「医療ドラマ好きで見ているけど、オペ中にあんな話さないよな~」ってお話をされていたことがあり、今回の回は、少しそのことを思い出しました。

 ただ、その辺の不自然を払拭するのは毎度みなさんの演技です。

 今回も、仲里依紗さんを中心とするみなさんの演技により不自然は私は気になりませんでした。

次回はついに「賀来賢人」さんにスポットが当たるのか!?

 私、このドラマで再認識したのですが、賀来賢人さんの演技がとても好きです。

 今回もすごく繊細な役どころですが、完ぺきと思う演技でした。

 最後のシーンもとても良かったです。

 次回はついに、賀来賢人さん演じる音羽先生が話の中心になりそうな感じがするので、とてもとても楽しみです。

 音羽先生が、このドラマの今後の核になることは間違いないので、来週が待ち遠しいです。

 日曜劇場はいつも面白いドラマが多く、日曜の夜に楽しみがあることは、とてもありがたいです!

おわりに

  今回はついに最後のテロップを写真撮ってしまいました。

 「すべての医療従事者の皆さんへ、最大の敬意とエールをこめてー」

 新型コロナウイルスの猛威はまだまだ収まりません。医療現場では、多くの医師や看護師やスタッフの方々が戦っています。

 私はMSWであり、最前線にいるとは決していえませんが、新型コロナウイルスが流行する前は、飲んで馬鹿話をしていた友人や知人が、本当に最前線で戦っています。

 そんな彼らを含めた多くの「現場」のみなさんに、このドラマを通じてエールが届いたらいいなと思います。

以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました