MSWをする上で大切だと思うこと

知識イラスト 知識編

今回は、私がMSWをする上で、大切だと思うことをお話します。

 こんにちは、ヒナタザウルスです。

 今回は、MSW(Medical Social Worker:医療ソーシャルワーカー)をする中で、私のなかで大切だと思っていることがいくつかあるのですが、なかでも実務面で大切だと思うところをお話します。

情報の収集が大切です。

 大切なことは「情報の収集」です。ありきたりで、面白みがないかと思いますが、私はこれに尽きると思っています。

 もし貴方が先輩のいない病院でMSWになった場合には、まず入院時スクリーニングの仕組みを作るべきだと思います。(特に、急性期病院の場合)

 なお、スクリーニングとは、簡単にいうと対象となるものを共通の項目で選別する行為です。病院でMSWとして働くのであれば、「入退院支援加算」という病院の加算項目をとっている可能性が高く、その加算をとるためにも必要なものとなります。職場の収益の仕組みとしても、必要になるのです。

 その上で、患者様やその家族を支援するために、また、退院調整をするためにも、情報の収集が圧倒的に大切だと考えます。

 なにがその家族にとって課題になるのか、なにが有益な長所なのか(いわゆるストレングスですね)そのような情報をなるべく早く得ることが大切になります。

実務としての情報収集

 相談援助職として、「情報収集が大切」ということはあまりに当たり前であり、どの学術的な本を読んでも書いてあります。それでも、少なくとも私がともに働いてきたMSWや、新人で入るMSWのほとんどは、情報収集ができておらずにつまずいていましたし、トラブルになってしまう原因は情報を正しく得れていないことであることが多いです。

 また、情報を正しく得て、頭の中である程度整理する習慣ができていれば、退院の調整はかなり楽になります。

 例えばですが、医師より「〇〇さん、退院の調整をして」と言われたときに「〇〇さんですね、△△の施設から来ているので、すぐに施設と調整します。」と答えれるだけで、職場内での信頼が違ってきます。また、その施設の電話番号や施設長及び担当者さんの名前をすでに仕入れていれば、あとは電話番号を押すだけになります。情報を収集しておくことで、次の一歩が踏み出せるのです。

 また、情報を得ていれば、「〇〇さんは、そろそろ先生から退院の許可が出て、退院調整になりそうだな」という事にも気づけると思います。

患者様の家族から見ても

 患者様の家族からの相談も、予想外のタイミングで来ることもあります。電話や来訪を受け、「〇〇の家族のものです。担当の相談員さんは居ますか?」と言われたときに、「ああ、〇〇さんか、丁度よかった、介護保険の説明をしたかったんだ。」と思えるかどうか。それらはすべて情報収集からはじまるというのは、言うまでもありません。そして、家族にとっても「あ、うちの〇〇に関してすでに気にかけてくれている」という安心感を与えることができ、今後の関係性につなげることができます。

退院調整に行き詰まったら、情報収集

 退院調整をする上で、行き詰まった時にも情報収集が大切だと思っています。しっかりと情報を得ていれば、おのずと支援の道筋が見えてきます。

 逆に言えば、退院への支援に役立つ情報はないかと、常に情報収取とその整理を意識すべきだと考えます。

おわりに

 仕事で、後輩に「正しく多くの情報を得て」と話すことがとても多かった気がします。

 MSWとして働く上で、大切なことはたくさんありますが、まず、情報を得ること。これが一番大切だと、私は考えます。気持ち的な意味や、技術的な意味での大切なものは他にもいくつもありますが、すべて、情報を集めた上に成り立つことだと、私は考えます。

以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました