【書評】「救命センター『カルテの真実』」を読んで

本の紹介

【本の紹介】救急現場の凄さを、素敵な文章で教えてくださる本。

 こんにちは、現役MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスです。

このブログでは、MSWとして関わった事例や思う事、MSWに関わる本や、あんまり関わらない本も含めて紹介させていただいています。

 今回は「救命センター『カルテの真実』」という本を紹介させていただきます。

 編者:浜辺祐一さん 発行所:集英社さん

この本は私にはとても新鮮は「形式」の本でした。

 この本は、体験談をもとにした「エッセイ」形式の本なのですが、その内容の面白さ、引き込まれる具合は完全に「小説」。

 でも、エッセイの前段として浜辺先生が語られる現在の救急医療の状況は、とてもリアルで、厳しくもある現実を描かれており、娯楽として楽しめる内容なのか?と不安になるものです。

 先生の語りと、小説建てされたエッセイ。

 これらが交互に書かれることでより一層リアリティのある読み物として楽しめる、とても深みのある本でした。

 ただ、これまでに紹介した本とは違い、小説の要素が強いため、ネタバレにつながらないように紹介できればと思います。

思えば、医療現場はとてもドラマチックなところだ。

 思い返せば、医療現場というものは、とてもドラマチックなところであることを認識させられました。

 私も過去のブログで紹介しているように、誰か言いたくなるような場面にいくつも遭遇しました。

 過去の事例ブログで、ドラマみたいだったものを抜粋して、リンクを貼らせていただきます。

 → KPの婚約者は他に妻がいました。【MSWの事例紹介】

 → 救急車に自分が乗ってきちゃいました。【MSWの事例紹介】

 → 転んだ貴方は、だれですか。【MSWの事例紹介】

 など。

 この本にあるような救急の現場など、いうまでもありません。

 だからこそ、数多のドラマや映画の舞台になるわけです。

 この本にある10場面のエッセイは現場はもちろんバリバリの救急です。

 読んでいてもドキドキしてしまいました。

だれが読んでも楽しめる。

 この本の凄さは、「だれが読んでも楽しめる」ところにあるように思います。

 医療的な知識のない方が読んでも救急現場の臨場感がある小説として楽しめます。

 一方で、例えば医師が読んだとしても深い共感を得られるものかと思います。

 浜辺先生は小説のような描き方でも、その疾患や治療のアプローチには専門用語を臆せず使っておられるので、詳しい方が読んでも楽しめるものであるのです。

 医療用語を小説の中で気にせず使うのなど、本来読者を置いて行ってしまいそうなものですが、そうはならないのは、文才のなせる業のような気もします。

おわりに

 医療や病院に関する本は大体「面白くない」です。勉強の本としての色が濃くならざるを得ないからかと思います。

 私もそういった本を読むときに「読みやすい」と思うことはあっても娯楽として「面白い」と思うことはありませんでした。

 この本は面白いと思える本でありながら、救急医療現場の「今」が学べるものであり、例えば「急性期病院のMSWに就職が決まった方」などには、強くお勧めしたい一冊となりました。

 私自身、実は、小説を読むことすら久しぶりだったので、とても楽しく読めました。

以上、MSW(医療ソーシャルワーカー、社会福祉士)ヒナタザウルスのブログでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました